1. HOME
  2. 特集
  3. 阿佐ヶ谷再開発白紙撤回を

SPECIAL

特集

阿佐ヶ谷再開発白紙撤回を

阿佐ヶ谷再開発計画とは?
田中区長が進める阿佐ヶ谷再開発計画は

 ①河北総合病院を「けやき屋敷」と呼ばれる民有地に移転する
②駅前にある杉並第一小学校を河北病院跡地に移転する
③杉一小学校跡地(区の所有する一等地)を更地化して民間資本に売り渡し、高さ60㍍の巨大商業施設を建設する 

というものです(右図参照)。

阿佐ヶ谷再開発で街はどうなるか?

新進会商店街

駅前に巨大商業施設が建設されれば、そこに大手百貨店や飲食店、高級ブランド店などを経営する大資本が次々と入り込み、駅周辺で長年営業してきた店舗は買い物客を奪われ経営破綻に追い込まれます。
その影響は北口の新進会通り商店街だけでなく、南口のパールセンター商店街にも及びます。
古くから杉並区民に愛され、区外からも観光や買い物で訪れる人の多い阿佐ケ谷の商店街が、再開発によって軒並みつぶされ、街が一変させられます。

子どもの命と健康が脅かされる?
加えて重大なのは、杉並第一小学校の移転先とされる河北病院跡地の土壌汚染問題です。
 そこは戦前から病院として利用されてきた土地であり、医療廃棄物などによる深刻な土壌汚染が予想されますが、現在の病院施設が解体されないと土壌の調査ができないため、安全性は何一つ保障されていません。  子どもたちの命と健康が脅かされる重大問題です。
多くの周辺住民から「こんな場所に子どもを通わせていいのか」と声が上がっています。
それにもかかわらず、田中区長はまともに調査もせずに移転計画を強行する構えです。
土壌汚染を知りながら築地市場の豊洲移転を強行した小池都政と同じことを、杉並・田中区政もやろうとしているのです。

大企業の金もうけが目的?

再開発で巨大ビルが乱立する国分寺駅北口

再開発で移転される河北総合病院では昨年、肺がん健診でがんを見落とし、患者が死亡するという重大事故が起きています。
金もうけ優先の経営で医師や看護師の人員不足、長時間の過重労働が常態化した結果、命にかかわる深刻な医療事故や健診見落としが相次いでいるのです。
それにもかかわらず、病院側は移転費用捻出のために職員への賃下げや退職金減額を進める一方、田中区長には巨額の政治献金を送っているのです。
またJRは、本来の鉄道業務を外注化する一方で、エキナカ事業や駅周辺の再開発などで利益を上げることを経営戦略の柱に据え、不動産会社・金融機関・ゼネコンなどと一体となって東京中のJRの駅周辺の再開発を推進しています。保守系議員や首長と結びついて「再開発計画」をつくらせ、駅周辺の街並みや商店街を破壊し、巨大ビルや商業施設を乱立させているのです。

田中区長は利権まみれ?

田中良・杉並区長

再開発を進める田中良・杉並区長は政治資金パーティーで、出資者不明の資金を1200万円以上集めています。
パーティー券が20万円を超えなければ名前を出さなくてもいいという政治資金規正法の抜け道を利用したもので、 国会議員も含めた東京都の集金ランキングで19位です。  さらに、田中区長を中心としたゴルフ会が定期的に開催されていて、「秋のゴルフ会」の参加者の多くが、区の公金が支出されている取引先の関係者です。
公然たる癒着で、国会議員や国の役人であれば一発でクビが飛ぶ話です。
このゴルフ会の実行委員長は区の仕事を請けている造園業者「箱根植木」、競技委員長も区の仕事を請けている「牧野電設」です。
その他、多くの参加者が区の補助、委託、請負、指定、許認可などの利害関係者です。
杉並区においては、1億5千万円未満の工事(請負契約)は議会の議決が不要となっています。
区長、副区長らと関係をもつ利権業者が、区の予算を分け取りしているのです。

阿佐ヶ谷再開発はとめられる?

阿佐ヶ谷再開発反対署名

杉並区では1980〜90年代に高円寺駅北口の再開発計画が住民の激しい反対運動で阻止されて以来、都や区が巨大資本の利益のための再開発を進めようとしても手が出せない状態が続いてきました。
この間、東京西部ユニオンが呼びかけた「地元を無視し、街を壊す『阿佐ケ谷再開発』の白紙撤回を求めます」の署名が、商店街や周辺住民の間でどんどん広がっています。
 「高い商業ビルなんていらない」「住民に説明もせず進めるなんて信じられない」「児童館が廃止されるのは許せない」「区長もひどいが区議会もだらしない。ほらぐちさんのような人がいるのは初めて知った」 署名に応じた区民から、怒りの声やほらぐちともこへの熱い期待の声が続々と寄せられています。
区議会は「オール与党」と呼ぶべき状態で、日本共産党を含めて田中区長と徹底対決する議員はいません。
地域住民と団結し、再開発絶対反対で田中区政と真っ向から闘う議員が区議会に必要です。
みんなで声をあげれば、阿佐ヶ谷再開発は必ず撤回できます。

阿佐ヶ谷再開発白紙撤回を(動画)