1. HOME
  2. ブログ
  3. 杉並区議会第2回臨時会で幼保無償化に反対意見を述べました。

杉並区議会第2回臨時会で幼保無償化に反対意見を述べました。

 
幼保無償化について反対の意見を述べます。
安倍政権は10月から消費税の10%への引き上げとともに「幼児教育・保育無償化」を始めようとしています。しかし、国が財政を出すのは今年度のみであり、すでに国は「無償化を2年で見直す」ことも示唆しています。消費税10%をのませるためのペテンでは?との声も聞きます。
 
たしかに「無償化」とは聞こえがいい言葉ですが、実際には各自治体に「経費削減」の大変な圧力となって、公立保育園・幼稚園・こども園をつぶして民営化したり、公立・民間を問わず職員の非正規雇用の拡大につながると考えます。
 
政府は、3~5歳児の認可保育園・幼稚園・こども園の利用料を無償化し(給食費は保護者負担のまま)、住民税非課税世帯(低所得世帯)だけは0~2歳児も無償化の対象とするとしています。 
一方、認可外保育施設やベビーシッターなどにも利用料を補助し、施行から5年間は国が定める保育士の数や施設面積などの基準を下回る施設も認めるとしました。
 
「少しでも保育の費用が減れば助かる」と考える世帯も多いかと思いますが、「保育士がすぐ辞めざるをえない、集まらない原因となっている職場の環境と労働条件の改善が先ではないか」「認可外の施設が増えてしまうのでは」という声も上がっています。
 
先日、都内で働く保育士から次のような意見が寄せられました。
 
『幼保無償化になると、皆が預けたくなりますよね?そのときに受け入れる体制はありますか? 施設を準備出来たとして、働く保育士の確保が出来ますか? 保育が「サービス」になっていて、子どものための「育ち」を保証するものになっていません! 規制緩和によって定数にたいしての保育士の数も減らされているので、安全を守るのも難しくなっています。施設も園庭がなかったり室内も走るスペースがなかったり 子どもたちが楽しく遊ぶ環境がありません。それに保育がサービスになって汚れ物まで洗うところも多く、雑用の負担があり、本当に大変です!高所得の人まで無償化する必要があるのかも疑問です!そのぶん子ども達に必要な絵本などの遊具を買ったり 保育の質を高めるために使わせてもらえたら良いと思います。』
 
最大の問題は公立の認可園の無償化費用は国が払うのではなく、全額が自治体負担となることです。私立園やベビーシッターなどの費用も、国が2分の1、都道府県が4分の1、市町村が4分の1を負担する。その結果、自治体ではこれまで以上に「経費削減」が叫ばれ、民営化による「安上がりな保育」が進められることは容易に想像できます。
 
昨日(8/1)、保健福祉委員会を傍聴しました。田中区長は「子育ては親の責任、というのが私の持論。保育は女性の社会進出など社会の変化に合わせて整備すべき。食材費は当然にも親が持つべき。なぜ親が働くのかといえば、家族や子どもを養うために働いている。今回食材費を認可保育園でとらないのは、事務員を雇うなどのコストが少なくてすむから」という発言をしていました。
 
田中区長のもとで民営化が進み、どれだけ多くの非正規雇用が生み出されたのでしょうか。食材費を払えるかどうか心配な保護者が膨大に生み出されている社会のあり方こそ問われなければいけません。子どもの貧困が問題になっていますがその本質は保護者の貧困、労働者の貧困です。ギリギリで子育てをしている労働者、人員削減によって現場で大変な苦労をしている保育士のことよりも、「いかに安くすむか」しか考えない区長の発言に強い憤りを感じます。
 
保育現場ではすでに「3~5歳児担当の保育士は昼食も一緒にとるため休憩時間がとれない」「超勤してもなかなか言いづらくて超勤申請していないのが実態」「持ち帰り残業が多すぎる」などの声が上がっています。保育の質や安全は働く人たちの待遇・環境にかかっています。保育士が大切にされない社会は子どもたちも大切にされません。
 
定員の2倍近くの子どもを預かり、80人の子どもに三十数人分の給食を分けて与え、幼児のおかずがスプーン1杯しかなかったという兵庫県姫路市の認定こども園「わんずまざー保育園」の実態は民営化と子ども・子育て支援制度の問題点を浮き彫りにしました。
0歳児にはテーブルもなく床に食器を置いて、「猫まんま」状態で食べさせていた。「一時保育」の名で毎日預かりをし、「0歳児だけで10人を1人の保育士でみることが日常的にあった」といいます。
 
何より許せないのは、保育士に対して、裏の雇用契約書が存在し、月給制なのに祝日分減額、欠勤や遅刻・早退で1万円給与減額、無断欠勤すれば7日間、30分以上の遅刻は2日間のただ働き。保護者を待たせたら10日間のただ働きと「お客様宅にて謝罪」などの奴隷労働を強制していたことです。夜はベビーシッターをやらされ、保育士は「園長には何を言っても却下され」「過酷な勤務で心身はボロボロ」となり、辞めることさえ許されなかったといいます。
 
これが、子ども・子育て新制度=民営化がもたらした結果であり、杉並区も決して無縁ではありません。幼保無償化は子どもたちの安全破壊や保育士の使い捨てにつながります。幼保無償化の狙いは公立保育園つぶしと民営化です。これらの理由から、幼保無償化に反対します。
 

関連記事